訪問リハビリテーション


平成16年4月に診療報酬改定されて、言語聴覚士による訪問リハビリテーションが認可されました。その後徐々に、言語聴覚士の訪問リハビリテーションを開始する病院が増え始めました。

相澤訪問ひまわり看護ステーションの訪問リハビリテーションでは、失語症の方に対して、言葉を話す練習や、文章を読む練習、そして日常生活における言語に関する助言などを行なっています。

また、実施した自主課題の教材を、インターネットを使ってアドバイスしています。患者さんは、自宅でリラックスした状態で練習することができので、とてもよい効果が出ているようです。

たとえば、訪問するたびに何かできることが増えていたり、急に単語が出たり、漢字を読めることがあったり、文章を話すことができる時もあるようです。このように、と少しずつ確実に前進している患者さんもいます。

在宅での訪問リハビリテーションを始める前は、退院したばかりで歩行ができるか、うまく会話ができるようになるかなど、いろいろな心配や不安がある方が多いと思います。

しかし、訪問リハビリテーションを受けていくうちに、だんだんその不安がなくなり、希望がもてるようになると思います。病院へ通うのが困難な方や、退院してからの自宅での生活に不安がある方はとても多いと思います。

そのような、言語聴覚士の専門的なアドバイスが必要な方々にとって、自宅で行なう言語の訓練や嚥下訓練や指導などは、とても望ましいものです。


Copyright © 2008 言語聴覚士の仕事と資格. All rights reserved