高次脳機能障害


言語聴覚士が担当する患者さんには、「高次脳機能障害」という大脳が損傷したことにより、高次脳機能に障害をもつ患者さんがいます。

高次脳機能とは、言語を使うこと、考えること、記憶すること、学習すること、感情をもつこと、などのヒトのもつ特徴的な高度な能力のことをいいます。これらに障害をもつことを「高次脳機能障害」といいます。

失語症も高次脳機能障害の一種です。高次脳機能障害には、他にもいろいろ種類があります。 たとえば、麻痺しているわけでもないのに、手を動かすのが不自由だったり、目で見ている物が何だか理解できないことがあります。

また、右脳に損傷があると、左側のものに注意できなくて気づかないことがあります。記憶障害においては、新しいことを覚えることができず、日常生活や仕事、勉強に差し支えます。

遂行機能障害という障害は、やる気が出なくてわがままになり、怠けたような態度をとったりします。また、筋道の通った考え方や行動ができなくなったり、集中力に欠けたり、性格が変わってしまったりといった症状が現れます。

このような症状は、性格が問題だと人格を否定されてしまうことがありますが、決してそうではありません。 高次脳機能障害の患者は、このようにさまざまな変わった症状が現れるため、自分でも症状を自覚できず、周りの人からも理解されにくいことが多いです。

また、社会的にもあまり認知されておらず、誤解を受けることもあります。だから、高次脳機能障害の症状のある方には、言語聴覚士などのリハビリチームによる専門的な訓練を受け、周囲がしっかりと理解し、支えていくことが必要なのです。


Copyright © 2008 言語聴覚士の仕事と資格. All rights reserved